トンネルの野帳記録

野帳記録

トンネル点検での野帳記録とは、トンネル内で発見した変状を確認してチョーキングを行い、変状の情報を記録していくことです。記録していく資料のことを、野帳といいます。

野帳は、前回の点検資料をコピーして、新たな変状を記録していって作られます。新たにできた変状などの情報が記録され、それを基にして作成された変状展開図や点検台帳を提出いたします。

野帳記録の内容

野帳には、主に次のような情報を記録します。

変状

  • ひび割れ
  • 浮き・剥離
  • 剥落
  • 漏水
  • 鉄筋露出
  • 遊離石灰/エフロレッセンス
  • 土砂体積
  • 滞水

位置・寸法

資料が不確かな場合や、機器類が追加された場合に、位置や寸法を簡易的に測定し記録します。

  • トンネルの各所寸法
  • 照明の位置
  • 付属物の位置や寸法
  • 追加された機器類の位置や寸法

高い位置の点検・測定は、高所作業車などを用いて行います。

野帳記録の注意事項

野帳に記録された情報を基にして変状展開図や点検台帳が作成されます。変状展開図や点検台帳の内容に基づいて補修対策の検討がなされます。そのため、誤表記や不正確な情報が記載されてしまうと、その後のトンネル改修工事に大きく影響する恐れがあります。

当社では、点検要領の判定基準に基づいてトンネル点検を行い、野帳記録では正確な内容を表記するように心がけています。

点検の流れ

1.トンネル図面とスケジュールの確認
トンネルの図面を確認し、どのような点検を行うのかを把握し、スケジュールに合わせて人員と機材を手配します。
2.現場入り
自動車を手配し、決められた日時にトンネルの現場に行きます。長期の場合は、当社にて宿泊の手配を行います。
3.段取りの確認
トンネルは上りと下りのどちらから行うかを現場監督と決めます。実際にトンネルを確認し、工期と変状の度合いに合わせて、トンネル点検を1日にどれぐらいのペースで行うかを決めます。
4.点検実施
工程通りに検査を勧めます。検査を行ったら、すぐさまチョーキングと野帳の記入を行います。また、ご要望により叩き落しやトウメッシュの設置などの作業を行う場合もあります。
5.報告書作成・提出
打音検査やその他の点検結果のデータを自社に持ち帰り、過年度の点検結果に基づいた変状展開図と点検台帳を作成し、提出いたします。

トンネル点検の野帳の描き方

まずトンネルを、過去に作成された点検台帳や変状展開図に基づいて点検します。野帳は、前回作成された点検台帳を基にして作成します。

新たに発生した変状や進行している変状、新しく追加された機器類などを、チョーキングや写真撮影と併せて野帳に記録します。

そのような変状や変化が、トンネル内のおおよそどこの場所にあるのか、お客様が容易に判るように記録します。

よくあるご質問

新たに大きな変状が発見された場合、それをすぐに報告してもらえますか?

そのようにしています。それ以外でも、毎日の点検終了後に、進捗や大きな変状などの点検状況を随時ご報告いたします。

トンネル点検が完了した後、作成された野帳はどうするのでしょうか?

一定期間、当社にて保存いたします。

記録後の野帳を提出してもらえないでしょうか?

承ります。コピーしたもの、電子媒体にしたものをご提出いたします。

トンネル点検のサポートとして、野帳記録のみの人員手配は可能でしょうか?

承ります。まずはご相談ください。

全国のトンネル点検に対応していますか?

北海道・東北から九州・沖縄まで、日本国内であれば全国のトンネル点検に対応しています。

長期のトンネル点検にも対応してもらえますか?

もちろん対応させていただいます。

宿泊の手配は誰が行いますか?

当社にて行います。

見積依頼だけでも良いですか?

承っております。お気軽にご依頼ください。

当社のワンストップ対応

トンネル点検での野帳記録では、同時に目視点検や打音検査、チョーキングを行い、野帳に記録します。点検後には変状展開図と点検台帳の作成を行います。

高所の変状に対しては、高所作業車などを用いて点検します。高所作業車の手配は当社でも対応いたします。

免震装置の点検、補修等に関するお問い合わせやご相談、ご依頼等は、
お問い合わせフォームもしくはお電話にてご連絡ください。
お見積もりのみのご対応もいたしますので、お気軽にご相談ください。

03-3356-1107
03-3356-1107

(9:00~18:00 土日祝:定休)

トップへ