トンネルのチョーキング

チョーキング

トンネル点検でのチョーキングとは、トンネル内で発見した変状を確認し、そこにチョークでマーキングすることです。目視や野帳でトンネルの変状をチェックする際、それを判りやすくするために、チョーキングをします。

チョーキングの作業を行う人は、判定基準に則り野帳に記録すべき変状をチョーキングし、写真撮影します。また、その情報を野帳に記録します。

チョーキングの内容

チョーキングは、主に次のような変状を壁に記入します。

  • ひび割れ
  • 浮き・剥離
  • 剥落
  • 漏水
  • 鉄筋露出
  • 遊離石灰/エフロレッセンス
  • 土砂体積
  • 滞水

高い位置のチョーキングは、チョーク棒や高所作業車などを用いて行います。

チョーキングの注意事項

チョーキングの記入方法は、コンサルティング会社様によって異なります。当社では、さまざまな記入方法を把握しておりますので、ご相談ください。

チョークは基本的に白色を用いますが、トンネルの内壁の色が白っぽく、チョーキングが目立ちにくい場合は、ピンク色などの白色以外のチョークを用います。

トンネルの内壁が吹付などのチョークでの記入が困難な場合は、お客様とのご相談しながら別の方法でチョーキングいたします。

点検の流れ

1.トンネル図面とスケジュールの確認
トンネルの図面を確認し、どのような点検を行うのかを把握し、スケジュールに合わせて人員と機材を手配します。
2.現場入り
自動車を手配し、決められた日時にトンネルの現場に行きます。長期の場合は、当社にて宿泊の手配を行います。
3.段取りの確認
トンネルは上りと下りのどちらから行うかを現場監督と決めます。実際にトンネルを確認し、工期と変状の度合いに合わせて、トンネル点検を1日にどれぐらいのペースで行うかを決めます。
4.点検実施
工程通りに検査を勧めます。検査を行ったら、すぐさまチョーキングと野帳の記入を行います。また、ご要望により叩き落しやトウメッシュの設置などの作業を行う場合もあります。
5.報告書作成・提出
打音検査やその他の点検結果のデータを自社に持ち帰り、過年度の点検結果に基づいた変状展開図と点検台帳を作成し、提出いたします。

チョーキングのポイント

変状の状況を、トンネル内の目視や写真でのチェックをするときに、その人が容易に把握できることは大切です。

チョーキングのミスはトンネルの変状を見落とす可能性があり、結果重大な事故につながる恐れもあります。そのため、判定基準に従い見やすい描き方を心がけています。また、チョーキングが終わった箇所を別の人が二重でチェックいたします。

よくあるご質問

前回の点検台帳の写真に写っているルールでチョーキングはできますか?

できます。現場に入る前にチョーキングのルールを把握するため、前回の点検台帳をお送りください。

竣工時の初回点検でチョーキングをしたくない場合は、どのような方法で変状を確認しますか?

黒板などで変状の詳細を表記し、黒板と変状が映り込むように写真撮影を行います。

全国のトンネル点検に対応していますか?

北海道・東北から九州・沖縄まで、日本国内であれば全国のトンネル点検に対応しています。

長期のトンネル点検にも対応してもらえますか?

もちろん対応させていただいます。

宿泊の手配は誰が行いますか?

当社にて行います。

見積依頼だけでも良いですか?

承っております。お気軽にご依頼ください。

当社のワンストップ対応

トンネルのチョーキングでは、同時に目視点検や打音検査、野帳記録などを行います。点検後には変状展開図と点検台帳の作成を行います。

高所の変状に対しては、チョーク棒や高所作業車などを用いて行います。高所作業車の手配は当社でも対応いたします。

また、浮き・剥離で叩き落しが困難な場所には、トウメッシュ設置も行っています。常にトウメッシュを現場に持って伺っていますので、必要に応じてご提案いたします。

免震装置の点検、補修等に関するお問い合わせやご相談、ご依頼等は、
お問い合わせフォームもしくはお電話にてご連絡ください。
お見積もりのみのご対応もいたしますので、お気軽にご相談ください。

03-3356-1107
03-3356-1107

(9:00~18:00 土日祝:定休)

トップへ