トンネルの打音検査

目視点検

打音検査とは、トンネルの壁面を打音ハンマーで叩き、その音でコンクリートの浮きや剥離の箇所を発見する検査のことです。叩く場所は、トンネルの内部や外部のコンクリート全面で、一定の間隔で叩いて検査します。

壁面に浮きや剥離を発見した場合は、叩き落とし、もしくは応急処置を行い、その箇所が一目で判るようにチョーキングいたします。

また、トンネル内には看板や照明、排気ファンなどが取付られていますが、固定されているボルトの緩みも、打音・触診で確認します。

目視点検の内容

トンネル点検では目視点検だけでなく、点検要領に従い次の検査も行います。

  • コンクリートの浮きや剥離の発見
  • 付帯設備の取付状態の確認

これらの点検は、身長で届く範囲はそのまま行い、高所は脚立や高所作業者を用いて点検します。

打音検査での主な指摘事項

打音検査では、主に次の指摘をすることがあります。

  • コンクリートの浮き・剥離
  • 付帯設備取付部の緩み

点検の流れ

1.トンネル図面とスケジュールの確認
トンネルの図面を確認し、どのような点検を行うのかを把握し、スケジュールに合わせて人員と機材を手配します。
2.現場入り
自動車を手配し、決められた日時にトンネルの現場に行きます。長期の場合は、当社にて宿泊の手配を行います。
3.段取りの確認
トンネルは上りと下りのどちらから行うかを現場監督と決めます。実際にトンネルを確認し、工期と変状の度合いに合わせて、トンネル点検を1日にどれぐらいのペースで行うかを決めます。
4.点検実施
工程通りに検査を勧めます。検査を行ったら、すぐさまチョーキングと野帳の記入を行います。また、ご要望により叩き落しやトウメッシュの設置などの作業を行う場合もあります。
5.報告書作成・提出
打音検査やその他の点検結果のデータを自社に持ち帰り、過年度の点検結果に基づいた変状展開図と点検台帳を作成し、提出いたします。

打音検査のポイント

打音検査でのミスは、重大な事故につながる可能性があります。そのため、検査や点検の作業は2名以上で行い、変状の記載漏れがないように確認しながら作業いたします。

検査をしていて気になったことや、当社では判断がつかないものは、お客様に必ずご報告するようにしています。

目地周りは、浮きや剥離が起きやすいので、注意して点検いたします。また側壁および天端の浮きや剥離は、事故につながる恐れがあるため、入念に叩き落しをいたします。叩き落しをした箇所は、コンクリート用接着剤のスプレーをいたします。場合によってはトウメッシュの設置を行います。

よくあるご質問

全国のトンネル点検に対応していますか?

北海道・東北から九州・沖縄まで、日本国内であれば全国のトンネル点検に対応しています。

点検用の機材は誰が準備しますか?

打音ハンマーや脚立などの、重機類以外の軽微な機材の準備は当社にて行います。詳細はお問い合わせください。

コンクリートの浮きや剥離は、すべて叩き落しますか?

ご要望にもよりますが、原則すべて叩き落します。範囲の大きな浮きを発見した場合は、現場監督にご相談させていただきます。

長期のトンネル点検にも対応してもらえますか?

もちろん対応させていただいます。

宿泊の手配は誰が行いますか?

当社にて行います。

トウメッシュウの設置を依頼したい場合は、どうしたらいいですか?

まずはご相談ください。トウメッシュは当社でもご用意できます。

見積依頼だけでも良いですか?

承っております。お気軽にご依頼ください。

当社のワンストップ対応

トンネルの打音検査では、同時にチョーキングや野帳記入の他に、点検後には変状展開図と点検台帳の作成を行います。

また、浮き・剥離で叩き落しが困難な場所には、トウメッシュ設置も行っています。常にトウメッシュを現場に持って伺っていますので、必要に応じてご提案いたします。

免震装置の点検、補修等に関するお問い合わせやご相談、ご依頼等は、
お問い合わせフォームもしくはお電話にてご連絡ください。
お見積もりのみのご対応もいたしますので、お気軽にご相談ください。

03-3356-1107
03-3356-1107

(9:00~18:00 土日祝:定休)

トップへ